2012年8月19日日曜日

乗り遅れた人のためのEvernote講座:第3回 Evernote Webの初期設定

スポンサードリンク

EvernoteのWeb版の受信メールや連携サービスの設定について解説します。

2012-06-20_16h38_44

「Evernote Web」にアクセス

Evernote Web」にアクセスします。サインインがまだの場合は、右上の「サインイン」をクリックします。「サインイン」が完了すると、Evernote Webにリダイレクトします。

2012-08-19_01h00_51

ページが表示されたら右上の人型のアイコンをクリックします。出てきたプルダウンメニューの「設定」をクリックします。

2012-08-18_22h56_09

アカウントの概要

Evernoteに登録したユーザー情報やアップロード容量が確認できます。ここで表示されるメールアドレスは、外部のWebアプリやスマホなどからメール送信するときの宛先に使用します。よく使うのでメモして置きましょう。

個人設定

「連絡先」のメールアドレスはEvernoteからのアップデート情報やニュースレターなどのメールの受信に使用します。また、Evernoteのノートをメール送信するときにも使います。氏名は差出人の名前になります。

「言語」は日本語になっていればOKです。

「メール」はEvernoteから配信されるメールを受信するかしないかを選択します。

2012-08-18_23h17_40

「Skitch」はMacOS、Andoroid、iPad向けの画像編集アプリです。

「Evernote Clearly」はブラウザの拡張機能(アドオン)で、Webページを簡単に保存できます。

Evernote Food」「Evernote Hello」「Evernote Peek」は、スマホやiPad向けのアプリです。

連携しているサービス

Facebook、Googleとの連携ができます。

Facebookと連携すると、作成したノートブックやノートをFacebookのユーザーと共有することができます。ウォールを見ることができる人は誰でも、リンクのクリックやノートブックの表示ができます。

Google(Gmail)と連携すると、メールアドレスのオートコンプリート(自動補完)機能が使えるようになります。Evernoteに友達を招待するときなどに役立ちます。

最後に

Evernoteからの配信メール設定はWeb版でしかできないので、ここできっちり設定しておきましょう。

前後の連載記事

次回に進む:第4回 Windows版のメニューバー・ツールバーの解説
前回に戻る:第2回 インストールとWindows版ダウンロード