2013年1月4日金曜日

乗り遅れた人のためのEvernote講座:第15回 メール送信の方法

スポンサードリンク

2012-08-30_19h00_13

Evernoteのデスクトップ版では、ノートの内容を外部のWebサービスなどに、メールで送信することができます。

今回は、Evernoteからのメールの送信方法について解説します。

この講座の連載記事一覧はこちらです。

Evernoteのメール送信機能が役立つ場面は、友人や同僚にノートを見せたいときや、Picasaなどの画像投稿サービスにメールアップロードしたいときなどです。

テストメール送信する

テスト送信用に以下のようなノートを作成しました。

2013-01-04_08h12_04

このノートをメール送信するには、中央パネルで「右クリック」→「共有」→「メールで送信」を選択します(または「Ctrl + Shift + E」)。

2013-01-04_08h15_14

続いて宛先と本文を入力します。件名にはノートのタイトルが自動で割り当てられます。

2013-01-04_08h17_19

送信が成功していれば、Evernoteから以下のようなHTML形式のメールが送信されてきます。

2013-01-04_08h20_14

複数のノートを一斉送信する

Evernoteから2枚以上のノートをまとめて送信することもできます。

やり方は中央パネルにあるノートをCtrlキーを押しながらクリックで選択していきます。

すると、右パネルに選択されてノート一覧が表示されますので、「メール」をクリックします。

2013-01-04_08h57_29

一斉送信されたノートはマージ(結合)された状態で送られます。

また、一斉送信したいノートがすべて連続して並んでいる場合は、Shiftキーでまとめて選択できます。やり方は1個目のノートをクリックしてから、最後のノートをShiftキーを押しながらクリックすればOKです。

これらCtrlキーやShiftキーを複数同時選択は、Windowsのファイル選択にも応用できつのでここで覚えておきましょう。

差出人やメールアドレスを変更する

Evernoteからメールを送信ときに使用する差出人とメールアドレスは、変更することができます。

まずは、Web版のEvernote にアクセスして右上にある「サインイン」をクリックします。

次に、右上にあるアカウント名をクリックして、プルダウンメニューで「設定」を選択します。

2013-01-03_15h16_27

上から2番目の「個人設定」をクリックします。

連絡先の「氏名」「メールアドレス」がそのままメールの差出人になります。

2013-01-04_09h09_00

メール送信機能の注意点

メールを受信する側がEvernoteのメール形式に対応していない場合は、メールの中身が表示されません。特に旧式の携帯電話はEvernoteのメール形式に未対応の場合が多いようです。

前後の連載記事

次回に進む:第16回 バックアップ・復元方法
前回に戻る:第14回 メール受信の方法