2012年9月26日水曜日

乗り遅れた人のためのEvernote講座:第8回 Windows版でのノートブックの編集・共有方法

スポンサードリンク

evernote03

Evernote for Windowsでのノートブックの編集と共有方法について解説します。

ノートブックの編集

リネーム

ノートブックのリネーム(名前の変更)は、左パネルのノートブック名を「右クリック」→「名前の変更」で行います。または、ノートブック名をクリックして「F2」キーでも可能です。

2012-09-26_04h33_42

別のノートブックに移動

ノートが属しているノートブックを、別のノートブックに変更する方法を解説します。

右パネルの右上には、ノートブック名が書かれたプルダウンメニューがあります。そのメニューから移動したいノートブックを選択します。

2012-09-26_04h44_17

削除

ノートブックの削除は、左パネルのノートブック名を「右クリック」→「削除」で行います。

2012-09-26_04h58_36

ソート

ノートブックは以下の順番で並びます。

  1. 数字
  2. 英字
  3. ひらがな・カタカナ
  4. 漢字

「カタカナ」と「ひらがな」は50音順です。

これらを自分の基準でソート(並び替え)したいときに使えるテクニックを紹介します。

名前の先頭に番号を追記する方法です。例えば、国名で分類されたノートブックを人口順にソートするには、以下のように番号をつけます。

ソート前
kunibetsu01
ソート後
kunibetsu02

既存のノートブックをソートしたい場合は、リネームではなく新規にノートブックを作成してください。リネームでは元の場所から動きません。

スタック(階層化)

スタックとは

スタックはノートブックをグループ化することによって、階層化を実現する機能です。

例えば、「サッカー」「野球」「テニス」というノートブックを「スポーツ」というスタックの中にまとめて納めることができます。

stack01
stack02

ノートブックが増えてゴチャゴチャしてきたら、スタックでグループ化できないかを検討してみるといいでしょう。

スタックの作成

新規スタックの作成は、左パネルでノートブック名を「右クリック」→「スタックに追加」→「新しいスタック」で行います。

2012-09-26_06h28_58

既存のスタックにノートブックを追加するには、ノートブックをスタック目がけてドラッグ&ドロップします。

2012-09-26_06h32_31

スタックの編集

リネームと削除はノートブックと同じ手順でできます。スタックを削除しても、スタック内にあるノーブックには影響しません。

ノートブックの共有

共有機能を使えば、他のEvernoteユーザーに公開して閲覧してもらったり、共同で編集すること可能になります。

共有の方法

共有はノートブックを「右クリック」→「共有ノートブック」で行います。

2012-09-26_07h03_18

「個人を招待」を選択すると、招待したいユーザーのメールアドレスや権限の設定画面が表示されます。

2012-09-26_07h06_18

「公開リンクを作成」を選択すると、公開リンクURLが作成されます。あとは、このURLを共有したいユーザーに知らせて、ブラウザでアクセスしてもらうえばOKです。

2012-09-26_07h10_48

最後に

ノートブックの削除・共有は慎重に行ってください。

ノートブックを削除すると、中身のノートもまとめて削除されてしまうので、削除する前にもう1度確認する癖を付けてください。

共有設定をすると、他のユーザーがパスワードなしでもノートの閲覧が可能になるので、知られたくない重要な情報が含まれていないかを、よくチェックしてください。

次回はノートに付けるタグについて解説します。

前後の連載記事

次回に進む:第9回 Windows版でのタグの作成・編集方法
前回に戻る:第7回 Windows版でのノートブックの作り方・分け方