2012年6月20日水曜日

Evernote(Windows)で絶対覚えておきたいショートカットキー15選

スポンサードリンク

Evernote for Windowsで使える、頻度の高いショートカットキーを15個まとめました。

WindowsOSやテキストエディタでも使用されている、一般的なショートカットキーは除外しています(Ctrl + C や Ctrl + F など)。

2012-06-20_16h38_44

ノートの作成

Ctrl + Shift + N : 新規ノートブックの作成

ラジオボタンでローカルノートブックか同期ノートブックを選択できます。

2012-06-20_12h35_24

Ctrl + N : 新規ノートの作成

2012-06-20_12h51_19

ノートの編集

F2 : タイトル名の編集

2012-06-20_13h06_20

F3 : タグ名の編集

2012-06-20_13h08_25

Ctrl + D : フォントの種類、スタイル、サイズ、色を指定

2012-06-20_15h17_12

Ctrl + B : 選択範囲をボールド(太字)に変更

Ctrl + K : 選択範囲をハイパーリンクに変更

2012-06-20_15h22_39

Ctrl + M : インデント(字下げ)を追加

Ctrl + M は、Enterキーで改行したときに、次の行にもインデントを引き継ぎます。引き継ぎたくない場合は、Tabキーを使います。

Ctrl + Shift + M でインデントを削除できます。

2012-06-20_15h32_10

Ctrl + Shift + B : 選択範囲を箇条書きリストとして書式設定

Ctrl + Shift + O : 選択範囲を番号付きリストとして書式設定

行の末尾でEnterキーを押すと、次の行に書式が引き継がれます。引き継ぎたくない場合は、もう1度Enterキーを押します。

2012-06-20_15h45_35

Ctrl + Shift + C : ToDo チェックボックスを挿入

Ctrl + : または Alt + Shift + D : 現在の日付と時刻を挿入

2012-06-20_16h05_37

その他

Win + PrintScreen : 画面のキャプチャーモードを開始

モードが開始されたらマウスでドラッグしてキャプチャー範囲を指定します。範囲を決まったらマウスを放してドラッグを解除し、確定します。

2012-06-20_05h47_49

Ctrl + Shift + V : 書式をクリアして貼り付け

Ctrl + C でコピーしたテキストを、フォント、リンク、リスト、表、画像などの情報を無視して貼り付けることができます。

Webページの1部分をコピーするのに重宝します。以下は、Ctrl + V と Ctrl + Shift + V で貼り付けた場合の比較です。

Ctrl + V の場合

2012-06-20_07h59_55  2012-06-20_12h44_46

Ctrl + Shift + V の場合

2012-06-20_07h59_55  2012-06-20_08h02_03

F6 または Ctrl + Alt + F : ノートを検索

Evernoteでは、さまざまな検索演算子が用意されています。詳しくは、「Evernote の高度な検索演算子を使用」を参照してください。

検索条件をクリアするには、Ctrl + Shift + A を押します。

2012-06-20_08h15_41

最後に

Evernoteでよく使うショートカットキーを15個紹介しました。

これらのショートカットキーをマスターすれば、今までよりも効率的に作業が行えるので、ぜひ覚えて使い倒してみてください。

関連記事