2013年1月31日木曜日

Evernote(Windows)のデータを、自動でDropBoxにバックアップする方法

スポンサードリンク

Evernote for Windows内のデータを自動でバックアップするには、「Evernote Exporter」というソフトを使用します。

このソフトを動作環境は以下のようになっています。

  • WindowsXP以上
  • .Net Framework 2.0 以上
  • Evernote 4.0 以上

evernote exporter

Evernote Exporterでできること

「Evernote Exporter」にはスケジュール機能があります。この機能を利用すれば、Evernoteのデータをバックアップする間隔を、自由に設定することができます。

また、バックアップファイルを出力するフォルダにDropBoxの同期用フォルダを指定すれば、定期的にDropBoxにアップロードすることも可能です。

バックアップ用にエクスポートされるファイル形式は、ENEXというXMLファイルです。このファイルにはEvernote for Windowsにあるテキストや画像などのデータが、まとめて1つのファイルに格納されています。

使い方

STEP1: ダウンロード&インストールする

Evernote Exporter - Home  にアクセスして、「download」をクリックします。

2013-01-31_05h27_02

ダウンロードが完了したら、「.exe」ファイルをダブルクリックしてインストールを開始します。

2013-01-31_05h28_26

デスクトップにショートカットアイコンを作成したい場合は、「Create a desktop icon」にチェックします。

2013-01-31_05h35_52

STEP2: 出力フォルダを指定する

「Evernote Exporter」を起動します。

2013-01-31_05h47_27

「Evernote Location」にはバックアップファイルの出力先フォルダを入力します。

DropBoxにバックアップファイルを保存したい場合は、「Evrnote Location」にDropBoxと同期しているローカルフォルダを指定してます。これでDropBoxが起動していれば、ファイルが出力されるたびに自動アップロードが始まるようになります。

私の場合は「SugarSync」に自動でアップロードするように設定しています。

「Start Date」はデフォルトのままでOKです。

STEP3: スケジュール機能の設定をする

2013-01-31_05h50_50

「Repeats」ではバックアップファイルを出力する間隔を、プルダウンで選択します。Evernoteの利用頻度に合わせて適当な単位を選択しましょう

利用頻度が高い人なら「Daily」、そうでない人なら「Weekly」あたりが妥当でしょう。

「Repeat Every」には出力する頻度を数字で入力します。毎日データをバックアップしたい場合は、「Repests」に「Daily」、「Repeat Every」に「1」を入力します。

設定が完了したら「Save」で確定します。

STEP4: 出力テストをする

右下にある「Export Now」をクリックすると、今すぐにエクスポート処理を開始して、データをバックアップできます。

2013-01-31_06h06_09

「Export Location」で指定したフォルダに拡張子が「.enex」であるファイルが出力されいればOKです。

2013-01-31_06h09_59

注意点

「Evernote Exporter」のスケジュール機能を作動するためには、ソフトを常駐させておく必要があります。

ですから、Windowsのスタートアップフォルダに「Evernote Exporter」のショートカットを入れておくのがオススメです。

2013-01-31_06h45_16

バックアップ(エクスポート)したファイルを復元したい場合や、手動でバックアップしたい場合は 乗り遅れた人のためのEvernote講座:第16回 バックアップ・復元方法 を参照してください。

関連記事