2012年8月29日水曜日

Firefox15の主な新機能とユーザーの反応

スポンサードリンク

2012-06-06_1343

Firefox15の更新をダウンロードするには、「ヘルプ」→「Firefoxについて」からできます。Firefox本体をまだダウンロードしていない場合は各国語版のダウンロード | 次世代ブラウザ Firefoxから入手できます。

2012-07-19_13h35_16 

Firefox15の主な新機能・変更点は以下の4つです。

  • メモリ使用量を最適化
  • プラグインなしでPDF閲覧可能
  • SPDYネットワークプロトコル v3に対応
  • 設定画面を新しいタブに表示

メモリ使用量を最適化

メモリ使用量が軽減されて、よりスムーズにブラウジングができるようになりました。

Firefox14と15で151ページを開いた状態と150のタブを閉じた後の使用メモリ量を比較すると、Firefox15ではタブを閉じた後で使用しているメモリが、約1/5にまで減少しています。

さらに、一部のアドオン(Firebug、AutoPagerなど)でメモリが開放されない問題(メモリーリーク)が解決されました。

プラグインなしでPDF閲覧可能

PDFビューワが搭載されました。今までは、Adobe Readerなどのプラグインを使用してPDFを読み込んでいましたが、プラグインなしでも閲覧できるようになりました。

2012-08-29_11h35_31
2012-08-29_11h37_55

ただし、PDFビューワはまだテスト段階なので、全てのPDFが読み込める保証はありません。実際に使ってみると、Adobe Readerと比べてまだ動作が重いです。

Firefox15に搭載されているPDFビューワを有効にするには、ロケーションバーに「about:config」→検索バーに「pdfjs.disabled」と入力して、値をfalseにして再起動すれば完了です。

SPDYネットワークプロトコル v3に対応

SPDYについてIT用語辞典では、

SPDYとは、Googleが開発した、Webページの表示を高速化するためのプロトコルである。

SPDYを導入すると、ページの読み込み時間が減ることによって、スピードアップが期待できるようです。

SPDY V3を有効にするには、ロケーションバーに「about:config」→検索バーに「network.http.spdy.enabled.v3」と入力して、値をtrueにすれば完了です。

設定画面を新しいタブに表示

Chromeのようにオプション(設定画面)を新しいタブで開けるようになりました。

2012-08-29_12h02_02
2012-08-29_12h01_18

この機能を有効にするには、ロケーションバーに「about:config」→検索バーに「browser.preferences.inContent」と入力して、値をtrueにすれば完了です。

最後に

その他の新機能・変更点はFirefox15.0 リリースノートで確認できます。

さらに、Android版向けや開発者向けの変更点は、Mozilla Developer Street (modest) を参照してください。

Firefox15では14からあるFlashに関する不具合がまだ解決されいません。解決方法はFirefox14からYouTubeが見れないときの対処法の「FlashPlayerを旧バージョンに戻す 」を参考にして、バージョンをダウングレードしてください。

ユーザーの反応

関連記事