2012年7月4日水曜日

Google、「iGoogle」のサービス終了予告

スポンサードリンク

igoogle

Googleは2013年11月1日をもって、「iGoogle」を終了することを発表しました。

iGoogleとは?

「iGoogle」はオリジナルのホームページが作れるサービスです。ここで言うホームページはWebサイトのことではなくて、ブラウザを起動したら一番最初に表示されるページのことを指します。

igoogle

ガジェットと呼ばれる装置を追加して、その日の天気予報やGmailの新着を表示できます。

サービス終了の理由

「iGoogle」が発表された2005 年当時には想像できないぐらい、Webアプリやモバイルアプリの進化が早く、「iGoogle」と同等以上のサービスができました。これらのサービスで「iGoogle」代替が可能になったことが理由のようです。

「iGoogle」の代替サービスは?

Googleのヘルプでは、以下のように書かれています。

携帯端末では、Google Playゲームニュース リーダーホーム画面のウィジェットなどの幅広いアプリケーションを提供しています。

Google Chrome をご利用いただいている場合は、Chrome ウェブストア生産性向上ツール天気予報をチェックできるアプリケーションなど、さまざまなオプションを提供しています。また、iGoogle と同様に、テーマを使用して Chrome をカスタマイズすることができます。

つまり、携帯のアプリやChromeの拡張機能で代替できるということでしょう。

メインブラウザがFirefox、IE、Safariなどを使っている人は、これといって代替手段はなさそうですね。残念です。

ただ、サービス終了までの期間はまだ1年4ヶ月ほどありますので、それまでに似たような機能のサービスが提供されることを期待したいです。

ネットの反応(Togetter)